マルチクリエイト☆2児パパサロン

仕事のクルマ、バイクなどの機械系。家庭内での掃除、修理が主です。あとは、人生の歩み方を、独り言として綴っていきます。

ドラッグスタークラシック VH01J 車検

 

f:id:avel8468:20180920002004j:image

ドラッグスタークラシックの車検です。

北海道を地震前に1週間ツーリングしてきた方で、車体の汚れもそのままです。

 

普段の走行距離も少なく、ツーリング前にオイル交換もしているので、今回特にメニューはありません。

 

車検用にヘッドライトの光軸調整をします。

1人の時は画像のように二柱リフトにタイダウンでやってます。


f:id:avel8468:20180920002009j:image


f:id:avel8468:20180920002000j:image

ヘッドライトかなり汚れてました。


f:id:avel8468:20180920002002j:image


f:id:avel8468:20180920002011j:image

綺麗にしただけで 8000カンデラ 上がりました。


f:id:avel8468:20180920002007j:image

掃除と光軸調整で 15000カンデラ 上がりました。

 

そして車検を無事通してきましたが、その道中で気になったのがフロントブレーキです。

いつからかは分かりませんが、ブレーキローターの振れにより振動が出ています。  低速では一部でグッと効いてしまいコントロール不能です。

 

f:id:avel8468:20180922130819j:image

簡易ですがダイヤルゲージで見ると、0.30mm も振れてました。  見事にアウトです。

 

f:id:avel8468:20180923232451j:image


f:id:avel8468:20180923232444j:image

社外品ですが新品交換します。


f:id:avel8468:20180923232448j:image

ローターのボルトもがっつり錆びていたので錆処理しておきました。


f:id:avel8468:20180923232441j:image

液面調整も兼ねて、スーパードット4にて入換。

 

試運転 OK  洗車して完了です。

 

自動車分解整備事業 認証看板取付

 

f:id:avel8468:20180921161525j:image

御紹介します、認証看板さんです。

こうしてお会いする時が来るとは思っていませんでした。

 

クルマは趣味の範囲として、会社員でやっていこうと考えていたので、世の中どうなるか分からないもんです。

 

学生時代に取った国家資格、自動車整備士2級もココで活きた訳です。

 

正直なところ認証を取得しないのも手ですが、この道で進んでいくとなったわけですからね。


f:id:avel8468:20180921161548j:image

では看板を取付けましょう。四隅にハトメがありますがM4です。  画像のM5のステンレスがあったので、タップでも立てようかと考えましたがハトメが小さくダメでした。

 

 

まあステンレスのM4を買いに行こうかな、、

 

 

と思いましたが、細いのがイマイチだったので、、

 

 

 


f:id:avel8468:20180921161542j:image

ハトメを破壊し、M6で穴を空け直しました。


f:id:avel8468:20180921161511j:image


f:id:avel8468:20180921161522j:image

ちなみに先日購入したストレートの電動インパクト、大活躍してますが、上の画像の緑の長さがないとチャックでロックされない事がこの作業中に判明しました。  

 

このドリルチャックがロックされずに ドスン! と抜け落ち。  被害が無くて良かったです。


f:id:avel8468:20180921161533j:image


f:id:avel8468:20180921161545j:image

取付にはフェンダーワッシャーを使う事にしました。  妙なネーミングがプリントされていたので、削ってツヤ消しブラックで塗りました。


f:id:avel8468:20180921161519j:image

合わせるとこんな感じです。


f:id:avel8468:20180921161530j:image

看板の縁は折り返しが8mmあるので、パイプを8mmにカット×4  してボルト裏に仕込みます。 締め込んだ時の看板の潰れ防止用です。


f:id:avel8468:20180921161528j:image


f:id:avel8468:20180921161536j:image


f:id:avel8468:20180921161514j:image

取付面の水平を出して、4点穴空け。


f:id:avel8468:20180921161550j:image


f:id:avel8468:20180921161539j:image

ボルト、パイプ、ナットを通し、最終の水平確認。


f:id:avel8468:20180921161517j:image

以上で完成とします。

 

補足としてこの認証は、道路運送車両法の規定により、お客様のお車の分解整備(エンジン、ミッション、ブレーキ、足廻り、ステアリング系など、走行において重要な部分の取外し)  をする場合、その業者は国からの認証を受ける事。

 

という内容のもので、ナンバーの無い競技車両、軽二輪250cc以下は除外されます。 

 

今後は作業の幅も広げて紹介していきます。

ガラスコーティング 耐久実験 H30.9,17

 

f:id:avel8468:20180921152703j:image

覚書きとして出しておきます。

テスト車両はナンバー無し屋外。

右運転席上ルーフ。

無撥水状態を水洗いし、前方のみコンパウンド掛け。


f:id:avel8468:20180921152700j:image

ついでにガラスにもテスト。

ルーフと同じく無撥水を水洗いのみ。

 

どのくらい保つのでしょうか。以後、経過を見ていきます。  

スズキ GT380 車検

 

f:id:avel8468:20180920001138j:image

スズキのGT380  2スト3気筒  昭和52年式。  私は詳しく無いのですが、見事に旧車です。


f:id:avel8468:20180920001105j:image

オーナーさんは頑張って、各部キレイにしてますね。


f:id:avel8468:20180920001042j:image

車検用にヘッドライト調整。 社外品ですが上下左右共にドライバーでの調整箇所はありません。 グイっ、トントン。  って感じで合わせます。  車体を真っ直ぐに支えてくれてた○○神君、ありがとう。

光量はアイドリングでは低いですが、アイドルアップでバッチリ上がりました。


f:id:avel8468:20180920001039j:image

全体的に手を掛けてあるようなので、気になったところのみ診ていきます。  

まずはスロットル。  ハンドルパイプとスロットルの径があっていない⁈    ため、カッタカタです。


f:id:avel8468:20180920001101j:image

簡易にアルミテープで合わせてグリスアップしました。


f:id:avel8468:20180920001109j:image

マスターのタンクの角度が悪く、サイドスタンドで立てるとホースに空気が入ります。 ステーを調整し、画像のようになりました。


f:id:avel8468:20180920001112j:image


f:id:avel8468:20180920001127j:image

フロントブレーキレバーの支点二つをグリスアップ。


f:id:avel8468:20180920001121j:image


f:id:avel8468:20180920001057j:image


f:id:avel8468:20180920001054j:image

インナーサイレンサーがトロけてたので巻き直しです。  あまり音量に変化は無いですね。


f:id:avel8468:20180920001036j:image


f:id:avel8468:20180920001050j:image

あとはナンバーステーが可変になっていたので、一ヶ所穴あけしてワイヤーロックしました。

 

f:id:avel8468:20180920001517j:image

バイク車検の必需品、強力磁石タンクバックです。このように書類を挟んで使います。  無いと非常に不便なのです。

 

オーナーも言ってましたが、私も車検場までの道すがら、信号待ちでトラック乗りに声を掛けられました。  好きな人多いんですね〜。

 

あと、さすが昭和パワー、集合管で結構な音量ですが問題ナシです。  近接騒音規制が無いのは強いですね。

手鏡 ミラー 折れ修理

 

f:id:avel8468:20180919125928j:image

先日の横浜道中に、嫁の手鏡の角がポロリしてしまいました。  かなり長期間使用しているお気に入りです。 買い替えても良いですが、角の強度不足は同じですので修理します。 以前に反対側も修理してますし。


f:id:avel8468:20180919125935j:image

突起が支点となり開閉します。


f:id:avel8468:20180919125923j:image

以前の反対側修理跡です。  こちらは破片自体が無くなっていたので、別のプラスチックから切出し、接着、穴空け、新規にピンを通してあります。  強度出てますね。


f:id:avel8468:20180919125926j:image

接着用に削ります。  足付けと強度出しが目的です。


f:id:avel8468:20180919125931j:image

盛り気味で接着。  いつものプラリペアですね。


f:id:avel8468:20180919125933j:image

最終画像がありませんが、乾燥後ヤスリで仕上げて完了です。 

 

 

 

やはり肉盛りの重要性を感じる事が出来ますね。

接着も溶接も設計も、強度という点で一緒です。

 

 

あと人の骨が折れて治るときにその箇所が太くなるっていうのも、改めて考えても凄いシステムです。

というよりも、人の自然治癒って機能はスゴイですね。

 

そういった人間の機能を最大限に引き出す為に必要なのが、内面の心、気の充実と、外面の体の健康、酸素、水、塩、砂糖、良い食事、良い運動です。

 

 

その両面をしっかり建てる事により、60歳あたりまで上り坂で進めると言われています。

今後、それを自ら証明出来るように歩みたいと思います。

 

なので私は医療保険ガン保険には入っていません。  

 

 

なぜならば、

 

 

 

ガンにはならないからです。

 

 

 

そのあたりはまた後日。

 

 

 

 

奥田工機 RGC-105M フロンガス回収機 試運転

 

f:id:avel8468:20180918212432j:image

先日、千葉 松戸市へ引取に行ってきた 奥田工機  RGC-105M フロンガス回収機です。

 

取扱説明書が付属してなかったので、メーカーにメールで送ってもらおうと思いネットを検索。

 

ん〜。  中々ヒットしません。   

 

メーカーのホームページにも辿り着けません。

 

ようやく電話番号が検索できましたが、この機械のメーカーなのか判別が付きません。

 

そこで機械本体を見ると、あらら、「故障時はコチラへ電話」と  ご丁寧に番号がありました。

 

 

 

 

 

「この電話番号は現在使われており、、、」

 

 

 

 

 

え?    倒産ですか?

 

本当に倒産かは分かりませんが、どうりでヒットしない訳です。 記載のあった西日本営業所もヒットしません。 

 

まあ、仕方ないですね。時代の流れです。

適当に試して進むしかありません。

 


f:id:avel8468:20180918212435j:image

とりあえず廃車に繋ぎました。  R134Aです。

エアコンのマニホールドゲージを車両へ接続。


f:id:avel8468:20180918212437j:image

ゲージの黄色ホースを画像のドライヤーへ接続。


f:id:avel8468:20180918212439j:image

本体とタンクを繋ぎます。

 

f:id:avel8468:20180918212510j:image

電源を入れて、回収スタート。 

自動停止をオンにしておくとゲージの

0手前で停止しました。  

オフにして回収スタートすると、画像の少し負圧まで引けました。  とりあえず試運転はオーケーでしょう。

 

また以降、外部でのガス再生も試したいので。また登場すると思います。

 

 

関東遠征 伊勢山皇大神宮

 

f:id:avel8468:20180914204820j:image

久々の更新となりました。  海老名SAです。

 

今回、嫁の兄弟の結婚式に参加する為に、2才の姉を連れ3人で横浜向け。  前日の早朝出発、一泊しての披露宴です。  ちなみに私は中部圏です。

 

 


f:id:avel8468:20180914204818j:image

はい、東京タワーです。

 


f:id:avel8468:20180914204836j:image

はい、レインボーブリッジ。

 


f:id:avel8468:20180914204827j:image

そして〜  エアコンガス回収機です。。

 

 

えーっとですね、現在地は千葉県  松戸市

実は、オークションにて引取限定で出品されていたんですが、今回の横浜と絡めた訳なんです。

無事に引取、その後はノープランです。

 


f:id:avel8468:20180914204824j:image

引取場所の近くにあった工具屋さんです。


f:id:avel8468:20180914204838j:image

ウチでもアストロのトレーが活躍してますが、同じ物を更に買い足しました。  安くて良いんですよ〜。  一番小さいので¥500ぐらい。  ステンレス製となっていますが磁石はくっ付きます。

 


f:id:avel8468:20180914204815j:image


f:id:avel8468:20180914204833j:image

こちらも引取場所近くの中華料理屋さん。 フラッと寄りましたが、中々の具合。  

私は醤油ラーメンがイマイチなのですが、エイホウさんの醤油は旨味があり、妙な酸味も無く◎でした。  

 

もう1セットのカラアゲ定食の画像を撮り忘れていますが、肉のジューシーさが凄いです。5枚も乗ってます。この量1人では無理でした。ちなみにカラアゲは1個 80円ですよ。  チャーハンも試したかったのですが、、  もう食べれません。

 


f:id:avel8468:20180914204830j:image

横浜への湾岸線。  大黒PAです。  

 

 

f:id:avel8468:20180917100850j:image

ホテルにて娘がゴロゴロ。夜中には予想通りにベッド脇へ落ちました。

 

 

 

式当日、初めての神前式。  伊勢山皇大神宮という大きなところで、創業150年(あえて業とします)だそうです。

 

私は今の時代に多いであろう無神論者でしたが、現在ではさまざまな考察を経て、数々の宗教、そしてそれぞれの創始系統の矛盾点を認識し、我々が良いと思っているものが、実はその逆であるのだと確信するに至りました。  

 

ですので、神社についても否定的となりました。

 

今回の神前で一つ思ったのは、式中に親族全てに盃が配られ巫女によってお酒が注がれ、その後乾杯と言われた事。  いやいや儀式だからと言って飲酒を強要ですか?

 

今の時代これだけ飲酒運転に厳しくなってきても太古から続いてきた事は変わらないという事です。 一言飲酒の説明や飲めない人がいるかの確認があっても良いのでは? というよりもあるべきでしょう。

 

当然飲まずに置きました。

 

すると、盃を袋にしまい社の外へお持ち下さいと、、    いやいやお酒入ったままやし、、

どこまでも飲むのが前提なのですね。祝酒、それが何か特別に感じますか?酒は酒なのです。   それならば披露宴からもウーロン茶が消えてしまいます。

 

以上の事で今回気付きましたが神社と酒の関係は、かなり根深そうです。

 

 それともう一つ、神主の持つ白い紙の付いた棒。皆さん名前知ってます?

 

 

「おおぬさ」 です。

 

 

漢字にすると、

 

大麻」  です。  これは文字通り、タイマ です。

 

 

実は神社と大麻の関係も根深いものがあります。

 

神社についての考察は今後まとめてからUPしたいと思います。

 

 

 

 

 

披露宴の画像は出ませんが、紋付袴に白無垢は初めて見ました。とても良かったですよ。

特に新婦の父母への手紙はグッときますね。

温かい友人、上司に囲まれて真っ直ぐに進んで下さい。

 

 

 


f:id:avel8468:20180917100847j:image

帰宅後翌日、お預かりしているトラックのパワーゲートを借りてガス回収機を降ろしました。


f:id:avel8468:20180917100845j:image

娘がトレーのビニールを剥がしてくれてます。ありがとう。